栃木県の一番南に面した足利市は、郊外には、静かな空気の流れる緑と田園のある風景、町の中心は、学問の町として歴史情緒あふれる街並みです。(株)昭栄家具センターの創業者は、明治25年に、ここ足利市で木製品の製造をはじめました。それ以来、地道に家具づくりに取り組み、その技術は、脈々と次の代へと引き継がれ、現在まで続いています。かつては、学校や公共施設の家具をつくっていましたが、時代とともに飲食店や商業施設のコントラクト家具が増えてきました。その後、機械設備を充実させ、主にオフィス家具のOEM生産をはじめました。機械をつかって製品の精度をもとめ、最後は、手作業で仕上ることで品質の高いものつくりをめざしています。

 

             (株)昭栄家具センター 代表取締役 清水良彦